レパートリー含む練習中の曲) アンダーラインのタイトルをクリックしてください

サウンドファイルと譜面のファイルが用意してあります。クリックすればファイルを取り込み開いてくれます。クリックしても動作しないのは、そのためのアプリケーションが入っていないからです。本ページのプラグインについての説明を読んで準備をしてください。

サウンドファイルは各パート別ではありません。各パートをここで用意すると何倍もの容量が必要となりますのでここでは提供していません。音質を落とさないために2MB〜3MB/曲のメモリーが必要だからです。練習に来てCDのパート別資料をもらうようにしてください。

パート別練習用CDの最新版はVol3とVol4の2枚に集約されています。

練習教材の譜面は「譜面」をクリックして、各自ダウンロードしてください。まずAcrobat Readerを用意していない人はAdobeからダウンロードしてください。無料でReaderが使えます。プリントすればきれいな譜面が手に入ります。下にもプラグインについての説明があります。

⇒ FJS譜面集(pdf)

 
コーラスのオーディオファイル
Vol
アレンジ
譜面(pdf)
1
X'mas Medley 

4

3声
2

SENTIMENTAL JOURNEY

4
3/4声
3
MR. SANDMAN (F)
4
3声
4
DOES YOUR HEART BEAT FOR ME? (Bb)
4
3声
5

SERMONETTE

4
3声
6
MOON RIVER(C)  3rd 
4
4声
7
FOR YOU(opening) (Ab)
4
4声
8

SAVE THE LAST DANCE FOR ME (C)

 
4声
9
BLUE SKIES (Am)
3
3声
10
Touch Me In The Morning/The Way We Were(Bb) 
3
3声
11
I LOVE PARIS (Am)
3
4声
12

UNTIL IT'S TIME FOR YOU TO GO(Eb) 

3
3声
13
MEAN TO ME (D) Solo+Chorus
3
Solo+3声
14

TO YOU (C)  Karaoke(C)

3
3声
15

THE BREEZE AND I (C) 

 
4声
16
 
4声
17

WHISPER NOT (Cm)

 
3声
18
YELLOW BIRD (C)
 
3声
19
IT'S BEEN A LONG, LONG TIME (C-Ab)
 
3声
20
WE'LL BE TOGETHER AGAIN (C)  (in Eb)
 
4声
21
LAZY SUMMER NIGHT(F) サンプルはありません
 
3声
22
AFTER YOU(C)  サンプル in Eb
 
4声
23

HEEBIE JEEBIES(Bb)   1st  2nd  3rd  All

 
3声
24

When October Goes(サンプル in Dm)

 
4声
譜面(Cm)
25
Something's Gotta Give(サンプル in C) 
 
3声
譜面(Bb)
26
Lately(Eb→Ab) 
 
3声
27
Close To You 
 
3声
28
My One And Only Love  1st  2nd  3rd  All
 
3声
29
Our Love Is Here To Stay   4声に差し換え
 
4声
30
A Nightingale Sang in Berkeley Square
    1st  2nd  3rd  All
 
3声
31
In The Wee Small Hours of The Morning
    1st  2nd  3rd  All
 
3声
32
REQUIEM
 
3声
33
Walkin' By The River(C)
 
3声
34
Happy Birthday(F) Sample in Ab  
4声
35
I Wish You Love  1st  2nd  3rd  4th  All  
4声
36

I'm Gonna Sit Right Down And Write Myself A Letter
                       1st  2nd  3rd  All

 
3声
37
Goodbye   
4声
38
Peg O' My Heart   
3声
39
If I Knew Then(G)  Sample(Bb)  
4声
40
This Land Is Your Land   
4声
41
On The Sunny Side Of The Street  1st  2nd  3rd  All  
3声

42

The Glory of Love

 
3声
43
The Glow Worm 参考サンプル(男声4部)  
3声
44
CHICAGO st その2 2nd 3rd 4th その2   カラオケ   
4声
45
What's Now Is Now ⇒ この歌のお話   
4声
46
The Boy From Ipanema    カラオケ    
3声
47
My Foolish Heart    カラオケ    
4声

 1月29日 New YearsLive プログラム案  

1st Set
FOR YOU (opening)
On The Sunny Side Of The Street
A Nightingale Sang in Berkeley Square
SERMONETTE
My Foolish Heart
By The Time I Get To Phenix
In The Wee Small Hours of Th Morning
MR. SANDMAN

2nd Set
CHICAGO
MOON RIVER
BLUE SKIES
My One And Only Love
THE BREEZE AND I
The Boy From Ipanema

I Wish You Love

To You(Encore)

CHICAGO 譜面改訂版あり↑


47. 本当は難しい歌です。アレンジをするのも難しいです。ずいぶん昔に書いてあったものをすっかり書き換えました。

46. 私はこの歌を「印旛沼の少年」といいます。

45.What's Now Is Nowはシナトラ70年のレコードです。ヒットしませんでしたから誰も歌いません。そんな歌をわかGは歌っていたのです。やっぱり変わり者ですね。I've Got You Under My Skin ・・・なんて絶対に歌いません。(2015/6/27)

CHICAGOのパート別音源を参考にしてください。テンポを練習用に落としています。(2015/2/12)

● 2015年5月のヤクルトホールは2曲、バックはマヌエラ・コンボ。(2014/12/22)
 @ To You
 A I'm Gonna Sit Right Down And Write Myself A Letter

●12月のクリスマスライブでは14曲歌います。(2014/10/5)

1st Set
FOR YOU (opening)
X'mas Medley
SERMONETTE

Touch Me In The Morning/The Way We Wer
A Nightingale Sang in Berkeley Square
BY THE TIME I GET TO PHOENIX
In The Wee Small Hours of Th Morning
MR. SANDMAN

2nd Set
On The Sunny Side Of The Street
MOON RIVER
BLUE SKIES
TO YOU
THE BREEZE AND I
The Glory of Love

I Wish You Love

●サウンドクルージング港2014では、以下の6曲です。(2014/7/26)
  1.On the Sunny Side of the Street
  2.Moon River

  3.Blue Skies
  4.To You
  5.The Breeze and I

  6.I Wish You Love

44.これもトミー・ドーシー楽団のSy Oliverのアレンジをベースにしたものです。

  You Tubeに原曲があります。 ⇒ http://youtu.be/eEDQo-Vdj_I

43.この歌の原題は”Glubwurmchen”、ドイツのオペレッタ『リュジストラータ』(Lysistrata)の挿入歌である。20世紀の初めにL.C. Robinsonが訳詞をしブロードウェイ・ミュージカルとして演じられた。1940年にあのJohnny Mercerが英語の詞を大々的に書き直し、それをMills Brothersが1952年にレコードを出しヒットした。

Dean Martin、Mel Tormeなどが歌っているのを聞いたことがあるが、日本人歌手が歌うのを聞いたことがない。いい歌なのにねぇ、誰も歌わない。いや、こんな歌は知らねえんだろう。Dean Martinはミルス兄弟と仲がよく、この歌も知っていて歌っている。メルトーメも歌った。

42.年明けの新譜は1936年の古い歌です。Billy Hillの作詞作曲の歌ですが、最初にレコーディングしたのはベニーグッドマン楽団で、Helen Wardという専属歌手が歌っています。グッドマンはプロポーズしかかったのですが、結局はわかれました。それで、Helenは楽団から去りましたとさ。その後に専属になったのがMartha Tiltonです。(1/17)

6月のコンサートで歌う候補曲は番号が青文字になっています。

41.このアレンジはトミー・ド^シー楽団のSy Oliverによる名アレンジから採りました。オリジナルのレコードでは長々とバンドの演奏が続き、最後に女声コーラスが入ります。その2つの美味しいところを書いてみました。超難しくなりました。(2/25)

40.This Land Is Your Landは有名なフォークソングでWoody Guthrieが自分で書いて自分で歌いました。Irving Verlinが”God Bless America”を書き、1930年代に第2のアメリカ国家のように歌われました。ガスリーは対抗するが如く、この歌を書いたといわれています。ある人は”God Bless America”へのマルキストの反応だともいいます。
フォークソングの華やかなりし頃によく歌ったものですが、フォークの雰囲気をがらりと変えた音使いにしました。(1/28)

39.Dean Martinも歌っていますが珍しい曲です。Four Freshmenのロス・バーバーが気に入っていた歌です。彼らのコードを用いてあります。”If I Knew Then What I Know Now”は慣用句です。(11/26)

29は4声に差し替えました。まだ歌っていなかった歌です。3声ではアレンジに無理があって、それで歌っていませんでした。今度は音が不足しないので予定したサウンドが響くはずです。(5/31)

地震で3月は練習中止にしました。その間に3曲アレンジしました。36-38です。(4/16)

36.Joe Young/Fred Ahlertの昭和10年の曲です。大方の歌手達が歌っている同曲とは全く違う曲に聞こえるはずです。Verseの部分と2ndリフを見つけました。1920年代から30年代にかけて歌っていたニューオリンズのBoswell Sistersの歌をまねて書いてあります。

37.Goodbyeの秘話は⇒こちら こんな悲しい歌は他にはありません。

38.Peg O' My HeartはFred Fisher、1913年の歌です。5年後にAfter You've Goneという歌が出され、今でも多くの人が歌っています。が、何を隠そうPeg O' My Heartをパクッた歌です。そこで、2ndコーラスはAfter You've Goneで始まります。

35番ができました。I Wish You Love、もともとはLeo Chauliacが書いたシャンソンです。最初のレコードは1942年だそうです。Albert A. Beachが英語の歌詞をつけて誰もが歌うようになったようです。Keely Smithが1959年にヒットしています。Nat King ColeやFrank Sinatraもカバーして流行ったようです。(2/27)

33番の譜面のページが1ページ余ったので、特製Happy Birthdayをはさみました。33番の譜面にはこの譜面はありません。あの譜面はという問い合わせがありましたので、34番に譜面と3度高いですがサンプルを入れてあります。(10/23)

33番を出しました。皆さんが知らないUna Mae Carlisle(ウナメイカーライル)のいうシンガーソングライターの1940年の歌です。CDは廃盤になっているようですが、70年前の譜面が手に入りました。それで、試してみました。配布したものを手直しした譜面を出してあります。⇒Una Mae Carlisle

32番はすごいタイトルですね。安心してください。ラテン語の歌詞ではありません。2年前の新しい歌です。ちょっと毛色の変わったものなので試しに取り上げてみます。sampleは声が出ないので歌っていません。音だけでも聞いてください。といいましたが、爺ががんばって2オクターブ歌いました。

31番、新曲です。シナトラをはじめ多くの歌手はVerseなしで唄っていますが、1コーラスのあとにあるのがVerseです。この歌のお話は⇒こちら 09/07/27

30番、お待ちかねのA Nightingale Sang in Berkeley Squareができました。印刷しておいてください。声が出ないので、まだ、唄ってみていません。アカペラのルバートで唄ってみてください。09/04/03

譜面は手直ししました。マントラのアレンジは、素人には唄いにくいです。雰囲気だけ真似してください。4/5

My One And Only Loveは1992年にアレンジしたものです。Our Love Is Here To Stayは6年前に書いて唄っていたものが出てきました。

新年の練習に古い歌は似合いません”Lately”という歌があります。スティビー・ワンダーが書いて唄っています。ご本家には悪いのですが、サリナのカバーは原曲のはるか上を行きます。と言うわけで、歌詞は女性用になっています。2009/1/11

私にはキーが3度は低いので重くて暗くなりました。急遽、「別の曲」・・カーペンターズでよく知っている歌を持っていきます。2曲持って行きま〜す。お楽しみに。

Something's Gotta GiveはJohnny Mercerの作詞・作曲の歌です。日本の歌手はあまり唄っているのを聴いたことがありません。この歌の解説。サンプルは一音上げて唄っています。Bbでは低すぎてコーラスに聞こえません。(2008/6)

When October Goesは4年前に書いて唄ってみたものです。サンプルの音源はDm→Emと転調します。譜面はキーを一音下げてあります。一度、唄ってみましょう。この曲の由来。(2008/4)

Heebie Jeebiesは長年温めていた曲です。日本人では唄っているのを聴いたことがありません。07/10/13

上の表のコーラスをダウンロードして聴くことが出来ないメンバーはここを先ず読んでください。それでも駄目なときは詳しく状況をメールでお知らせください。

サンプルコーラスを保存したい時は「右クリック」で「保存」を選択してください。聴くだけなら「左クリック」で結構です。

PCから直接オーディオを聴くときはヘッドホンを使って聴いてください

 

 


注 意 事 項
譜面は可能な限り、ご自分で印刷してください。

Plug In その他の説明

   1.プラグインについて
   2.オーディオファイルからの録音
   3.ブラウザーについて
   4.譜面作成ソフトFINALEについて

TOP
目的
規約
結成経緯
団員
活動
練習
レパートリー
教養
文集
BBS